シャンプーやお手入れ商品など、ドレッドグッズの専門店。ドレッドの作り方やコーンローの方法などもご紹介【Dread Shop】

シャンプーやお手入れ商品など、ドレッドグッズの専門店【Dread Shop】

SHOPPING CART
カートの中に商品はありません
カートの中身を見る

Knotty Girl

Shop Owner
Knotty Girl

こんにちは。ドレッドグッズ専門店Dreadshopです。すべての商品は無添加100%ナチュラル。体・心・地球にいいドレッドグッズ専門店です。

RSSATOM

ドレッドの洗い方

ドレッドにしているとよく人に「髪って洗えるの?」って聞かれます。
答えは、「はい、洗えます!!!」

シャンプー選び

ドレッドを洗う際に一番気をつけなくてはいけないのが、「カス」です。このカスが頭皮に残るとフケを発生させたり、カスが髪の中に残っているとそこにカビが繁殖したりします。このカビが半乾きの雑巾みたいな臭いを発するのです。そして、このシャンプーのカスが髪をドレッドにする妨げになるのです。なので、シャンプー選びはとても大切なポイントです。通常のシャンプーに入っているコンディショナー成分は髪に残り髪のすべりをよくします。これがドレッドの観点からいうとカスでもあるのです。シャンプーした後のドレッドにはなんにも髪に残っていない状態がベストなのです。

シャンプーの頻度

ドレッドしたての方は3〜5日に一回。ドレットをやってくれた美容院などのレコメンデーションに従うといいのかも。もうある程度形成が整っているドレッドは5日に一回位は洗いたいです。私は冬は5〜7日に一回、夏は毎日か3日に一回程度洗っています。

洗い方

シャンプーを手にとって泡立て、頭皮を洗います。ゆびを立てて指で洗う感じです。そして、ドレッドの部分にも泡だったシャンプーをつけて手でギュギュと握る感じで洗います。泡立ているのが面倒な人は、泡ポンプを購入すると便利です。

いろいろな方法で洗いましたが、一番気持ちがいいのが、お風呂で洗う方法。お風呂のお湯をはってお風呂につかりながら髪も沈める。ぬれた髪を上記の方法で洗って、それからまたドレッドをお湯に沈めてリラックス。そうするとつった頭皮もリラックス。そして、ついているゴミも髪からとれて浮いてきます。水につけたドレッドの根元をユサユサゆらして頭皮の回りのゴミを取り除きます。

乾かし方

ドレッドのシャンプーの仕方でキーとなるのが乾かし方。どんな乾かし方でもいいので、完全に乾かさないとドレッドが臭くなります。シャンプーをした後は、髪をタオルで巻いてタオルドライ。頭の上にグルグルと巻くとタオルの重さとドレッドの重さで肩がこるので、私は髪を下ろした状態でタオルをグルグル巻いています。しばらく放置してタオルドライ。その後はドライヤーで乾かします。私はドライヤーも面倒くさいので冬はガスヒーターの前に寝転がり髪を広げて乾かします。